エコツアー簡単検索
いつ

※指定日以降実施のツアーを検索

どこ
グッドエコツアー

グッドエコツアーのみ表示する

カテゴリー
キーワード検索

トップページエコツーリズム大賞団体>エコツーリズム大賞団体紹介

エコツーリズム大賞団体紹介
 第6回エコツーリズム大賞【大賞】
特定非営利活動法人 黒潮実感センター (高知県)
高知県西南端 柏島・島がまるごとミュージアム
【講評】
 第2回エコツーリズム大賞の優秀賞を受賞しており、その後4年間の継続的な取組が評価された。 前回受賞時よりエコツアーも質的・量的に向上し、実施地域も拡大している。現在、年間のツアー催行回数、参加者数ともに、4年前と比べ倍増している。 高知県柏島を「島がまるごと博物館」と銘打ち、主な活動場所としている。 「里海」をキーワードにし、「人が海からの豊かな恵みを享受するだけでなく、人も海を耕し、育み、守る」ととらえ活動を続けている。
 また山と海をつなぐ活動も展開しており、間伐で出た捨てられる枝葉をアオリイカの産卵床にし、海の中に人工の森を作っている。地元の子どもたちが参加する環境教育として展開し、その活動は地元林業関係者、ダイバー、漁業者三位一体の取組につながっている。 この活動は10年間続いており、近隣の市町村にも取組が広がってきている。 そして漁業者とレジャー客との交流をはかる地元物産市(里海市)というイベント開催をきっかけに、実際に海産物の加工品を扱う店や郷土料理を扱う店が新たにオープンしている。 同じフィールドを扱う漁業者とダイバーとの関係改善や、エコツーリズムによる地域活性化などのテーマで、単一地域のみならず全国各地から視察や講演の依頼が増えてきている。 島をまるごとフィールドにし、地域住民を巻き込んだ継続的な活動が高く評価された。
NPO法人 黒潮実感センターとは
 黒潮実感センターは、柏島の豊かな自然環境だけでなく、そこに住む人たちの暮らしもまとめて、「島がまるごとミュージアム」と捉え、島を拠点に環境保全・環境教育、調査研究など海に関する活動や情報を発信し、それらを元に地域の暮らしが豊かになるお手伝いをしています。
 黒潮実感センターが目指すところは、人と海が共存できる持続可能な「里海」づくりです。
「里海」の実現に向けてセンターでは下記の3つの取組を行っています。

(1)自然を実感する取組
大学等と共同で取り組む海洋生物の調査研究や里海セミナーの実施
 1・柏島プロジェクト(高知大学での共通教育科目「柏島学」の実施)
 2・大学の卒論生など研究生の受け入れ
子どもたちを対象にした海の環境学習会や体験実感学習の開催
 1・海の環境学習会
 2・体験実感学習(サマースクール等)
成人対象のエコツアーの開催

(2)自然を活かした暮らしづくりのお手伝い
豊かな漁場づくりのお手伝い
 1・海の中の森づくり(間伐材を使ったアオリイカの増殖産卵床設置、藻場再生など)
住民の物産販売「里海市」への参加協力

(3)自然と暮らしを守る取組
海洋環境の定期的な調査を実施
 1・魚類相調査
 2・リーフチェック(サンゴの健全度を把握する調査)
サンゴや藻場の保全活動
 1・地元ダイバーらと行うサンゴの修復作業やサンゴ食巻き貝等の駆除
ダイバーや地元住民と共に行う海中・海浜清掃活動
自然と暮らしを守るルール作りのお手伝い
 1・漁業と海洋レジャーとの共存をはかる活動
 2・柏島里海憲章づくり

上記の多岐にわたる様々な活動を地元の人や行政、大学、ボランティアメンバーなど様々な主体と一緒になって行っています。
【組織の概要】
代表者名:
立川涼
設立年:
1998年
所属人数:
専任スタッフ2名 会員数 500名
主な活動
 高知県柏島の豊かな自然環境だけでなく、そこに住む人たちの暮らしもまとめて、「島がまるごとミュージアム」と捉え、島を拠点に環境保全・環境教育、調査研究など海に関する活動や情報を発信し、それらを元に地域の暮らしが豊かになるお手伝いをしています。
 黒潮実感センターが目指すところは、人と海が共存できる持続可能な「里海」づくりです。
体験できるエコツアー おすすめエコツアー
柏島の海を知り尽くしたスタッフが皆様をお連れします。魚類学者であるセンター長による海の生き物に関する解説やうんちくの数々は、他のツアーとはひと味違ったものになること請け合いです。

*透明度20mのサンゴの海のシュノーケリングツアー
生き物が豊富な柏島の海では魚たちが人を怖がらないので、すぐ間近で見ることができます。で魚たちと一緒に泳ぎながらサンゴや魚を観察しよう。いろんな発見が盛り沢山! 泳ぎが不得意でも、少人数制なのでしっかりスタッフがサポートします。楽しい発見を見つけに行こう! 海のコンディションが良ければマル秘無人島ツアーも実施します。

*体験ダイビング・ダイビングガイドツアー
生息する魚類数日本一の1000種類を超える柏島の海の魅力を、スキューバダイビングでご案内します。ダイビング初めての方でも安心の体験ダイビングもあります。水着一つでご参加下さい。

*クリアカヌーツアー(ナイトカヌーも催行)
底が透明なクリアカヌー。カヌーに乗りながらサンゴや魚を観察します。カヌーも楽しめて、海の中の様子も観察できて楽しさ2培! 事前にパドルの練習をしますので、不安な方でもしっかり習得できます。ナイトカヌーでは漕ぐごとにカヌーの底を流れ星のように光る夜光虫も見ることができます。昼とはまた違ったおもしろさがあります。

*海辺の生きもの観察
大潮干潮時に磯や浜で、生き物を箱メガネや水中メガネを使って観察してみよう。岩陰からひょっこり生き物が顔を出しているかも。また、網で捕まえた生き物を水槽に入れてじっくり観察してみよう。単なる生き物解説ではなく自らが発見する喜びを実感してもらいます。

*夜の生き物観察(ナイトサファリツアー)
陽が落ちて暗くなってから、それぞれ懐中電灯を持って岸壁へ出かけます。昼間とはまた違った海の光景、寝ている魚や、夜になると活発になる生き物を見つけ観察しよう。真っ暗な海に光る夜光虫も必見です。昼間には見られない生き物の生態が発見できるよ!

*郷土料理づくり体験
海の幸豊富な柏島で採れた食材を使って、島のおばちゃんが柏島郷土料理(アジのすり身の天ぷら、ところてん、ブリのへだ寿司、こうし飯、さつま汁など)を教えてくれます。実際に自分で作ってみて食べてみよう! 島のおばちゃんの柏島の郷土料理のお話と手さばきは必見!島で食べる郷土料理はまた絶品です。

*魚釣り体験
船や岸壁から、魚を釣ってみよう!釣れた魚は持ち帰り、解説と共に観察してスケッチしてみよう! 調理して食べるのもOK!干物作り体験もあるよ。

*最後の清流四万十川で川遊び
最後の清流として名高い四万十川で最も透明度が高い支流黒尊川で川遊びを行います。流れに乗りながらアユやカワムツ、テナガエビを見ることができます。獲ったテナガエビや小魚をその場で素揚げにすると、どの料理屋で食べるより美味しいこと請け合いです。

これらのアクティビティを組み合わせて春から秋にかけて、子どもサマースクール・親子サマースクール・成人対象のエコツアーを開催しています。期間は1泊2日〜3泊4日くらいまでと柏島を実感できる充実したツアーです。自然豊かな柏島をみんなで実感して下さい。
NPO法人 黒潮実感センターが目指すもの
 高知県西南端の柏島は人口500人あまり、周囲わずか3.9kmの小さな島です。しかしこの島の周囲にはその数日本一の1000種類を超える魚類が生息しています。人の生活しているすぐそばにこれほど多くの生き物が生息しているところは他にありません。
 海の自然環境を守るためには人間を排除して、生き物のサンクチュアリとして保護する方法もありますが、柏島は絶海の孤島でも無人島でもなく、昔から海を生業にして人々が生活をしてきた場所です。
 私たちは人が山に手を入れ二次的な自然を維持してきた里山のように、海にも里海という考え方があるのではないかと考えました。
『人が海からの豊かな恵みを一方的に享受するだけでなく、人もまた海を耕し、育み、守る。』これが私たちの提唱した「里海」の考え方です。
 黒潮実感センターが目指すのは、人と海が共存できる持続可能な「里海」のモデルを柏島に作り、「里海」という考え方を全国に発信していくことにあります。






ページトップ
エコツアー総覧は、NPO法人日本エコツーリズム協会によって、管理・運営されています。 日本エコツーリズム協会